一生身を助ける国家資格!きゅう師の専門学校を選ぶ時のポイントや基礎知識をご紹介します

当サイトは一生身を助ける国家資格の取得が目指せる、きゅう師の専門学校を選ぶ時のポイントや基礎知識をご紹介しています。
手に職を付けて人のために役立てられる資格を活かして長く活躍したいと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
学校を卒業して、資格を取得した後の就職先にはどういった選択肢があるのかも解説しています。
さらに学校を卒業後の、病院や鍼灸院以外で活躍できる場所に関しても紹介しているサイトです。

一生身を助ける国家資格!きゅう師の専門学校を選ぶ時のポイントや基礎知識をご紹介します

長い歴史を持つ東洋医学の治療方法で人を癒す、きゅう師に関心がある人もいるのではないでしょうか。
灸は西洋医学とは異なるアプローチ方法で、様々な疾患の改善に役立てられています。
プロになるには国家資格が必要で養成機関で学ぶ必要がありますが、専門学校を選ぶときには通いやすいさや校風に注目をして選ぶのがおすすめです。
それだけでなく国家試験の合格率や卒業生の進路もチェックして選ぶと安心です。
自分に合った専門学校を見つけて、きゅう師を目指しましょう。

専門学校で取得できる国家資格!現代注目され人気となっているきゅう師とは?

灸は中国やモンゴル、チベットなどの医学で行われる、特定部位の皮膚の上でもぐさを燃焼させ、発生する熱による刺激を利用して慢性的な疾病の症状改善を試みる方法です。
きゅう師とは、この灸を業務として行う場合に必要となる国家資格で、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律に規定が定められています。
今日、きゅう師は専門学校で取得できる国家資格として注目されていますが、その理由は資格を取得すればすぐに仕事をはじめられる点にあります。
きゅう師の資格を取得するためには国家試験に合格しなければなりませんが、この試験を受けられるのは専門学校や鍼灸学科のある大学などで3年以上学んで卒業した者のみです。
国家試験は毎年2月下旬に行われており、3月下旬の合格発表で合格が判明後、免許交付手続きを済ませれば、すぐに鍼灸院に就職したり、自分で施設を開業したりすることが可能になります。
なお、しばしばはり師と一緒に鍼灸師と呼ばれることが多いですが、はり師はきゅう師とは全く別の資格であり、取得方法が異なるので注意が必要です。

きゅう師専門学校は夜間部と昼間部の両方から選択し学習できる!

きゅう師専門学校は、夜間部と昼間部の両方から選択することができます。
ただ、選択できるとは言っても向き不向きがありますので注意しておきましょう。
一般的にきゅう師を目指すのであれば昼間を選ぶことが普通です。
これは大学とか高校などであっても同じことが当てはまります。
夜間が存在している理由は、基本的は昼間は別の仕事をしている社会人のためと思っておくのが良いでしょう。
言い替えれば、昼間は遊んで暮らしているような人のためにあるのではなくて、仕事をしているとか別の学校に通っているなどの理由により、十分な時間が取れない人のためにあるのです。
そして、どちらも国家資格を目指すものである以上、時間的なカリキュラムに差異はありません。
夜のほうがどうしても時間的には余裕がないことが多いですから、例えば仕事などが発生しないと思われる週末に追加授業があったりすることもあります。
そういう点も十分に考えておく必要があるわけです。

きゅう師の専門学校は三年制で本科と専科がある!

きゅう師として働くためには、三年制もしくは四年制の養成学校を卒業した上で国家試験に合格しなければなりません。
現在、はりきゅうの養成学校は全国に100校程度存在していますが、そのほとんどは三年制の専門学校となっています。
また、はりきゅうの専門学校は、大きく本科と専科の2種類の学科に分けられます。
どちらに入学しても、きゅう師の国家試験の受験資格を得ることができますが、本科ははり師とあんまマッサージ指圧師の受験資格も得ることが可能です。
これに対し、専科ははり師の受験資格は得られますが、あんまマッサージ指圧師の受験資格は得られません。
そのため、あんまマッサージ指圧師の資格取得も視野に入れているなら、本科への進学をおすすめします。
ただし、これら2種類の学科はコマ数が同じなので、本科は専科と比べてはりきゅうの実技時間が短くなってしまいます。
加えて、本科の方が学費も高い傾向があるので、きゅう師の資格取得に専念したいなら専科を選択すると良いでしょう。

きゅう師になるには専門学校以外に四年制大学でも国家試験を目指せる!

きゅう師は国家資格ですから、専門教育を受ける必要があります。
学校としては専門学校が多く、実際に灸を据えている現役のきゅう師の多くが専門学校を卒業しています。
あまり知られていませんが、実は四年制大学ではり師ときゅう師の教育を受けることも可能です。
医療大学の鍼灸学科などがそれにあたります。
四年制大学だから専門学校よりも卒業の選択肢は多いです。
きゅう師になるつもりで入学して、途中から進路を変えたくなったときには、そのありがたみを感じるかもしれません。
具体的な仕事としてはまず中学校の先生、高校の先生があります。
どちらも教職課程を取らなければなりません。
くわえてスポーツトレーナーとアスレティックトレーナーにもなれます。
具体的な科目には解剖学や生理学、運動学など医学の基礎があります。
さらにリハビリテーション学や保健・衛生学なども学べます。
大学によっては3年終了時に国家資格受験資格が得られます。
受験のチャンスが増えることが魅力です。

著者:四方清太郎

筆者プロフィール

東京都港区生まれ。
幼い頃からの憧れできゅう師として働いています。
この経験をもとにきゅう師の記事を書いています。
東京の専門学校ではり師きゅう師になる