専門学校を卒業後のきゅう師が病院や鍼灸院以外で活躍できる場所とは?

専門学校を卒業後のきゅう師が病院や鍼灸院以外で活躍できる場所とは?

きゅう師が活躍する場所としては、病院や鍼灸院を真っ先に思い浮かべることになるかもしれません。
確かにきゅう師は医療職の一つであって、病気の治療とか予防や健康回復を行いますので、そのような場所が第一であることは事実です。
ですが最近では活躍の場が広がっていることもまた間違いなく、別に何かの病気を持っているわけではなくても、自然治癒力を高めるとかより健康になるといったことがキーワードになり、美容とかスポーツの分野がこれに当てはまります。
対象となる人は何かの疾患を持っている患者さんではないわけですが、より美しく健康になりたいとか、スポーツでのパフォーマンスを高めたいと思っています。
これらの目的のためには既に様々な手段が用意されていますが、それでは十分な効果が得られないケースとか、それに加えてきゅう師の技術も取り入れることで相加的あるいは相乗的な効果を期待する人などもおり、そこにきゅう師の仕事のチャンスがあるわけです。

きゅう師になればスポーツ選手のケアが出来る可能性がある

将来は好きな分野のスポーツ選手の助けになりたいという人もいるのではないでしょうか。
そのようなときにはきゅう師を目指すのも1つの方法です。
ツボを刺激することで自然治癒力を高めたり健康を取り戻したりすることのできるお灸を使った治療をすることのできる専門家で、お灸の施術を他人にするためには資格を取得する必要があります。
この資格は国家試験に合格しなくてはとることができません。
また受験資格を得るためには、きゅう師の養成学校に通ったり必要な教育課程を修めたりする必要があります。
そうしてきゅう師の資格を取得したら、鍼灸院をはじめ医療・福祉関係の仕事に就けるようになります。
それからスポーツ選手のケアをするメディカルスタッフにあることも可能です。
トレーニングジムに就職するという人もいます。
激しい運動をおこなうアスリートたちの怪我の予防・治療をすることができるので、興味がある人にとってはやりがいのある仕事でしょう。

著者:四方清太郎

筆者プロフィール

東京都港区生まれ。
幼い頃からの憧れできゅう師として働いています。
この経験をもとにきゅう師の記事を書いています。