専門学校を卒業しきゅう師国家資格取得後の就職先とは?

専門学校を卒業しきゅう師国家資格取得後の就職先とは?

専門学校で学んで資格を取得するきゅう師は、専門性が高くて役立つ技術を学び卒業を目指すわけですが、卒業してきゅう師国家資格を取得した後の就職先について気になるのではないでしょうか。
きゅう師はれっきとした国家資格で、受験資格を得るには指定の養成施設に3年以上通うことが必要です。
3年ものあいだ毎日専門的な知識、技術を学んで試験に臨むわけですから、合格して得られる資格の大きさは思いの外大きいです。
就職の幅が広がるのは当然ですし、就職や転職のチャンスに期待することができます。
肝心の就職先については、やはり治療院が主ですが、近年はスポーツクラブで活躍する人も珍しくないです。
鍼灸院は定番中の定番ですし、接骨院や訪問サービスを提供している治療院も、求人を探したり面接を受ける候補となります。
スポーツクラブも施設の利用者の体のケアを行うのが仕事で、きゅう師としての知識や技術が活かせますから、人の役に立てる実感が得られるのではないでしょうか。

きゅう師の資格を取得すれば鍼灸院に就職できる

将来は手に職をつけて安定した仕事に就きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような時にお勧めなのはきゅう師の資格を取得することです。
灸はもぐさと火を用いて体のツボに働きかけるもので、様々な効果があるとされています。
この施術を人にするためには国家資格であるきゅう師の資格が必要です。
一緒に取得しておきたいものにははり師の資格がありますが、はり・きゅうともにどちらも国家資格で、受験するためには鍼灸師の養成学校で学ばなくてはなりません。
学校卒業後に受験して合格すれば晴れて資格取得でき、治療することが可能となります。
きゅう師の資格を持っていれば病院や介護・福祉施設などで働くことができるほか、鍼灸院に就職することも可能です。
多くの鍼灸師はこういった医療関係で働いています。
また実務経験を積んで独立開業するという選択肢もあり、資格を持っていれば自らの治療院でお灸を使った施術を提供することができます。

著者:四方清太郎

筆者プロフィール

東京都港区生まれ。
幼い頃からの憧れできゅう師として働いています。
この経験をもとにきゅう師の記事を書いています。